自動車関係

ガソリンスタンドの吹きこぼれ時の対処法!ギリギリまで入れるのは要注意

この記事では、ガソリンスタンドで給油時の吹きこぼれ等の対処法について記載していきます。

最近ではガソリンスタンドもセルフ化が進みんでいますよね。

ご自分で給油するようになり、給油時に吹きこぼれなどが発生することもあります。

あの状況はかなり焦りますよね。

給油時の吹きこぼれ時の対処法と、メーカーの指定値よりも多くガソリンが入ってしまう、と言う事例についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



ガソリンスタンドで燃料の吹きこぼれの対処法

まずは、ガソリンスタンドでのセルフ給油において、どのような時に吹きこぼれてしまうのか?について紹介していきます。

継ぎ足し給油時の吹きこぼれ

ガソリンスタンドで満タンに給油する場合、給油開始から、タンクが満タンになると「オートストップ」で給油がとまりますよね。

(ガチャンと軽い衝撃があります)

あの時点が満タンということになります。

ちょろちょろ継ぎ足すとストッパーが作動しませんし、タンク内のエアーが抜けて、急にタンク内の水位(油量)が増えてあふれたりしています。

またよくある吹きこぼれの原因としては、一度オートストップが効いて給油がストップしても、もう一度レバーを握りなおせば再度給油開始できることにあるかと思います。

何度もガチャンガチャンとオートストップを効かせている内に、最後ノズル先端が燃料に漬かっている使っている状態での給油開始になり、これもオートストップが効かずにあふれだす原因となります。

フルサービスのスタンド(スタッフが給油してくれるスタンド)で口元いっぱいまで継ぎ足すので、その影響もあるのかもしれませんが、継ぎ足してもせいぜい口元までのホースの分で1~2リッター程度しか入らないので、あまり意味が無いです。

ごくたまに、車を揺さぶってからさらに継ぎ足している方もいます。

これはおそらくタンク内のエアーを抜いているのでと思いますが、この継ぎ足しが原因でこぼしたりしてしまうこともありますので、あまりオススメはできません。

 

流速が弱すぎる

実は給油時の流速についても溢れてしまう原因になります。

給油時はレバーの握り加減で流速は変わりますが、レバーの握りが弱く、あまりにチョロチョロと給油しているとオートストッパーが利かない場合があります。

基本的にはフルに握りこんで問題ありません。

怖がって少しずつ給油していると、かえって溢れだすこともあるので注意が必要です。

 

ノズルの差込が浅い

ノズルのオートストップ機構のセンサーは、ノズルの先端についています。

このため、ノズルの先端が給油口に近い位置で給油していたとすると、感知した時は既に溢れているといった状況になりえます。

このため、ノズルは一番奥まで差し込むようにしておく必要があります。

失敗例としてたまに見かけるのは、給油レーンに駐車する際、給油口が付いていない側で駐車してしまい、無理やり車の反対側までホースを伸ばしたものの、長さが足りなくてノズル差込が浅く、吹きこぼれてしまうケースです。

ノズルが届かなければ、潔く向きを入れ替えるなどしましょう。

(但しホースが伸ばせるロングホース仕様のスタンドは問題ありません)

スポンサードリンク



吹きこぼれてしまった場合の対処法

では、仮に吹きこぼれてしまった場合はどのように対処すればよいのでしょうか。

まず、燃料がこぼれてしまった場合は、ウエスなどでふき取れば基本OKです。

ガソリンスタンドには基本的には置いてありますし、ウエスを使用してふき取るようにしましょう。

おそらく吹きこぼれてしまった場合は、塗装への影響も気になるところかと思います。

しかし、最近の塗装は腐食に強いので、燃料が塗装に付着したからといって、すぐにはがれたりすることはありません。

近くにウエスが無ければ店員さんに声をかけて指示を仰いでください。

床にこぼれてしまった場合、その旨も伝えた方がよいですね。

特に軽油の場合など、揮発性が悪いものは次に給油に来た方が気づかずに通ってしまうと、転倒の危険性があります。

スポンサードリンク



燃料を記載の容量より多く入れることはできる?

ガソリンスタンドで吹きこぼれてしまう根本的な原因としては、一回の給油でギリギリまで燃料を入れようとすることが原因です。

では、実際のところ、燃料を記載の容量以上に多く入れることは可能なのでしょうか? これは実は可能なんです。

特にセルフガソリンスタンドなどでご自分で給油されたときなど、メーターを見ていたら規定量を超えてすごく心配される方がいます。

実例紹介

実際に起きた例ですが、一時期ホンダフィットに乗っている方が給油していたら規定量より多くガソリンが入ってしまったそうなんです。

これに対し、計量機のメーターが壊れているのでは、といった問い合わせや、なかにはメーターに細工して料金を多くとろうとしているのではないか、などのクレームに近い問い合わせなどが数件立て続けにありました。

後に判明したことですが、ホンダフィットにおいて、非常にゆっくりと給油していき、エアーも抜けきって、タンクいっぱいにガソリンが入りきると、規定量以上に入ることがありえる、ということが発覚したようですね。

 

タンク容量には余裕がある

実は、給油タンク容量に余裕があるよう設計されているようなんです。

基本的に容量はタンク自体の口元までの容量を表していますが、燃料が規定量入ったうえで少し空間が残してあると考えられます。

例えば灯油のポリタンクを思い出して頂けると、18リッターのポリ缶に18リットル給油しても上部に空間があります。

ぴったり口まで入りません。

もし口元まであふれんばかりに詰め込めば20リットル近くまで入ってしまいます。

この空間は、夏場の気温が上がるときなど膨張してもあふれないためにも必要な空間なんですよね。

なので少しは余裕をもって設定してあるのでしょう。

 

おわりに

セルフスタンドでの給油において、吹きこぼさないためにもそれなりに注意する必要があるようですね。

もちろんスタンド側も安全対策を施しているとはいえ、欲が出てギリギリまで給油しようとしたら溢れてしまうなどの事態に発展しかねません。

なので、規定に従った給油を行うことが大事ですね。

余談ですが、たまに小さなお子様に給油させている方がいます。

実はあの様子が結構気になっていて、お子様の目線がちょうど給油口の高さくらいで、噴出した燃料が顔にかかり、目を負傷する可能性もあるようです。

給油作業はできるだけ子供にはさせず、大人の方が行うようにしてくださいね…