ブログ

断捨離ができない場合の対処法!10秒仕分けで効率化!

こんにちは!TAIです!

今回は断捨離について記載していきます!

断捨離って一念発起してやると決めても、なかなか動き出せなかったりしますよね。

仮に初めてもなかなか捨てれなかったり、迷ってしまったり…

結局何も進まなかった….なんてこともありますよね。

しかし、しっかりと対策を立てることができれば、断捨離はそう難しい話ではないんです。

断捨離をしっかりと成功させる対処法について記載していきます。

スポンサードリンク



 

 

断捨離は何故難しいのか?

ではまず、断捨離はなぜ難しいのか?について考えていきましょう。

そもそも、断捨離自体にはそこまで難しいイメージはありません。

所持している物を捨てて心機一転するだけです。

しかしながら、いざ始めてみようとすると、いろいろと問題が発生します。

まずは、判断に迷ってしまう事ですね。

物を片付けたり捨てたりするときに、『これってもしかしたら今度使うかもしれないな…』と思うことはありますよね?

物を捨てられない人(この記事を読んでいる人)はほとんどこのように考えると思います。

とはいえ、そのあとに捨てるか捨てないでおくかはそれぞれの判断によるものと思いますが、この判断にかける”時間”こそが断捨離を失敗させる原因となります。

単純に1つの物を捨てるか捨てないかで判断するのに3分くらい要してしまったとしたら、100個の物を捨てる場合は300分(5時間)かかることになります。

その場合、次に発生する問題として体力問題があります。

5時間も断捨離の作業していたら、途中で休憩もしたくなりますよ。

ふいに出てきたアルバムとかマンガとか….読んでしまったりしませんか?

僕は読んでしまいます。疲れたし。コーヒーでも入れて。

これこそが最悪のスパイラル。

断捨離するつもりがただ散らかしただけってことになりうるでしょうね。

そして最後の問題は捨てられない性格です。

ここ最近ニュースでは”ゴミ屋敷”等が取り上げられていたりしますが、年齢を重ねるにつれて物を所持しておきたいと思う方が多くなるようですね。

それが過度のストレスなどからゴミ屋敷にまで発展することもあるのだそう。

スポンサードリンク



 

なぜ断捨離すべきなのか?

では、次に、なぜ断捨離すべきなのか?について記載していきます。

心機一転

これは言わずもがなですよね。そもそも断捨離の意味として”不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想”です。

なので、何かしら新しいさっぱりした気持ちになるために断捨離したりします。

(異性との関係が終了した場合、職場が変わった場合とかにもやるのは心機一転の意味があります。)

判断を少なくするため

これは僕個人が思うことなのですが、判断をできるだけ少なくするためです。

自分の部屋にモノが大量にあふれていると、落ち着くという方もいるかもしれません。

しかし、実際はそこにモノがある状態では、無意識でそのモノをどうするかの判断をしています。

例えば、ゴミが落ちていた場合、『拾う』『捨てる』『蹴る』『投げる』『考える』なんて行動の選択肢が生まれますよね。

もちろん、それらは直感的に行動できるかもしれませんが、視界にたくさんのモノが存在する場合、それらについて無意識で判断しているため、他の事を考える余地がどんどん少なくなってしまっているのです。

モノが落ちていたら『拾う』『捨てる』等の判断に捕らわれてしまう。

他の事を考えていたかもしれないのに。下手をしたら忘れてしまう場合もありませんか?

そういう意味では、出来るだけモノを持たない断捨離は必要な事なんですよ。

スポンサードリンク



 

断捨離を成功させるための対処法

断捨離を成功させるための対処法は、ズバリ、【迷わないこと】です。

捨てるか捨てないかの判断を10秒以内に決めます。

そんな短い時間で決めることができない場合は、簡単に仕分けルールを作ってしまえばいいのです。

私の場合の仕訳ルールは直近2年の間に使用したかどうか?です。

もし1度でも使用したのであれば、置いておく。

一度も使用していないならば、思い切って捨てる。

これを繰り返すだけで、短時間で効率的な断捨離が可能になります。

2年間の間に1度も使用することが無かったのであれば、それは使用しないですよね。

おそらくこの先、数年間は使用しないはずです。

もし数年後に必要な時が来たとしても、その時にまた調達すればいいんです。

そういうことを言うと、『お金がもったいない』と聞こえてきそうですが、実際にはもったいなくありません。

何故なら、お金よりも時間の方が大切だから。

そのモノがあるだけで毎日時間を消費しているとしたら、相当な長さの時間を無駄にしている可能性だってありますよね。

だから、ここは思い切って捨てるという判断をしましょう。

また同じことを繰り返さないために

さて、この方法で断捨離は成功するはずです。

しかし、仮に上手く断捨離で来たとしても、また同じようにモノを買い足してしまっては意味がありません。結局モノを増やしていることになりますからね。

そんな時はどうするか?

単純な話、モノを1つ購入したなら2つ捨てるという流れにすればOK。

そうしたらどれだけモノをたくさん持っている人でも

次第モノが少なくなり、部屋が綺麗になっていくはずです。

 

このルーティーンを繰り返すだけで、驚くくらい断捨離が成功するでしょう。

是非試してみてくださいね。