ブログ

初心者がジムで筋トレをするならトレーナーに教えてもらうのがオススメ!

こんにちは!TAIです。

先日、トレーニングジムに行ってきました!

社会人になってからまともな運動もしてこなかったので、少しちゃんと身体を鍛えようと思い、トレーナー経験のある友人を誘ってジムに行ってきました!

そこで学んだのは、自分の限界は勝手に自分で決めてしまうということです。

その経験を記していきますね!

スポンサードリンク



今回訪れたトレーニングジムは

まず、今回訪れたトレーニングジムはAnytimeFitnessというトレーニングジムです。

落合南長崎駅にある店舗ですね。

AnytimeFitnessは24時間使えるトレーニングジムですので、日中は仕事で忙しい方にとっても通いやすいトレーニングジムとなっています。

店舗は全国に点在していますが、大きさや規模は店舗によって異なるみたいですね。

私がいつも通っている店舗のジムは1フロアしか存在しませんが、店舗によっては2フロア以上存在するところもあり、置いてあるトレーニングマシンも異なります。

大きければ良い…というわけではありませんが、使用できるマシンの種類が増えるのは鍛える部位を増やすという意味でも、メリットがありますよね。

なので、個人的にはできるだけ大きい店舗に通うことをオススメします。

スポンサードリンク



初心者はトレーナーさんを付けるべき理由

今回はトレーナーをやっている友人と一緒にジムに通いました。

僕はジムは初心者で、トレーニングマシンも使い方を読んでなんとなくこんな感じ…という使い方をしていました。

しかし、実際に教えてもらいながらやってみると方法が全然違うんです。

トレーニングマシンを使うときの姿勢、ウェイトの上げ方、そして部分ごとのトレーニングの順番。

今回教わる前は、”なんとなく”で使用していましたが、実際それらにはしっかりとした意味があって、細かく決めていくことが重要である様子。

まず、姿勢についてです。

トレーニングマシンによって様々ですが、正しい姿勢でマシンを使用しないと鍛えたい部位に適切な効果が得られない場合があります。

例えば、回数をこなすごとに筋肉の疲労から他の筋肉を使用してしまったりすると、これで本来の効果が得られません。

次に、ウェイト(重り)の上げ方です。

ウェイトは最初から重い設定にしてスタートする人もいますが、実際には少しずつ上げていくのが効果的。筋肉もいきなり負荷がかかってしまうと痛めてしまうだけですからね。

準備運動も必要ということです。

最後にトレーニングの順番です。

トレーニングジムに通うごとにスコアを記録している場合などは、トレーニングの順番が異なるだけでスコアが異なってくる場合もあるでしょう。

なので、記録も異なりがち。1度決めたルーティンは守ることが大切ですね。

 

これらの事を一人で行っていると、”なんとなく”で行ってしまい、正しい記録が得られない場合があります。

 

スポンサードリンク




 

自分の限界は自分で決めてしまう

一人でトレーニングをする場合の注意点はほかにもあります。

それは、自分の限界を自分で決めてしまうということ。

トレーニングをしていると、回数をこなすごとに”ここまでが限界”というところがありますよね。

最終的には筋肉の疲労が溜まってしまい、上げられなくなってくると思います。

その時に、『もうダメだ…』と、自分の限界を決めてしまいガチですよね。

 

しかしながら、実際にはそうではないのです。

“限界”というのは思いのほか自分で判断して決めてしまっている場合が多く、実際の限界までの30%ほどしか達成していないそう。

この話にはなかなか驚きでした。

筋トレにおいても、筋肉の限界は2種類あって、本当の筋肉の限界と、意識的な判断の限界です。

筋肉の限界は説明する必要もないですよね。筋繊維が運動を起こす時の限界値です。一般的には筋肉の限界とはこちらの事を指しますが、実際にはそれだけではありません。

その他に意識的な判断での限界があります。

『ここまでが限界だ…』と判断するポイントってありますよね。

実際にはもう少し頑張れるのに、そのように判断してしまう。

これって、意識を鍛えることで伸ばすことができるんです。ただ、週間的なトレーニングができていない場合はこの限界がかなり低いように感じます。

メンタルトレーニングに筋トレが良いと言われているのもこの点から来ているのではないかと考えます。

スポンサードリンク




 

終わりに

というわけで、筋トレをするならトレーナーさんに教えてもらうのがオススメという話について記載しました。

やはり素人ががむしゃらに筋トレに取り組んでも効率的・効果的なトレーニングは難しいということを実感しました。

まずは、正しいトレーニングの方法を教えてもらうこと。

そして、トレーニングパートナーを付けて自分の筋トレの限界への挑戦を繰り返すこと。

これによって、より精神的にも肉体的にも強い体へと成長するのだと思います。

 

今回、本当は筋トレ時のプロテインの摂取方法についても記載しようかと思ったのですが、まだ効果的な方法や飲み方については勉強不足なところがあったので、止めておきました。(笑

今後、新しい方法が見つかれば、追記していきますね。